実は逆効果!?妊娠中の葉酸の過剰摂取に注意しよう

 

妊娠中、赤ちゃんの成長と健康維持のために欠かせない栄養素と言われる葉酸。

 

真面目なプレママは、書籍やネットであれこれと調べて毎日せっせと葉酸を摂り続けるものの、気が付けば過剰摂取で却ってよくない状態になってしまっていた!なんてことも。。

 

せっかく良かれと思って頑張ったことが、実はママにも赤ちゃんにも逆効果!なんてことになれば、まさに本末転倒ですよね。

 

また、葉酸を過剰に摂取することで、ママの身体や赤ちゃんに実際どんな影響があるのかはぜひ知っておきたいところです。

 

こちらでは、葉酸の過剰摂取についての注意点をご紹介していきましょう。

 

食材+葉酸サプリメントで過剰摂取になることも

 

葉酸の一日における適切な摂取量は約400ugで、多くて1000ugが限度と言われています。

 

普段の食事からの摂取だけでは、そうそう適量を超えることもないのですが、気をつけたいのは葉酸サプリメントとの併用を行なっている場合です。

 

葉酸サプリメントは、だいたい錠剤1錠あたり400ugの含有量が普通ですが、たまたまレバーなどの葉酸含有量の多い動物性の食材を口にする機会があったとすると、100gあたり約800〜1000ug強の摂取となり、合計すると意外と簡単に摂取上限値を超えてしまうことになります。

 

葉酸の過剰摂取の影響

 

葉酸の過剰摂取は、吐き気、むくみ、不眠、食欲不振、発熱を伴うじんましん、原因不明の呼吸困難や発疹が起こるなど、様々に深刻な症状に繋がる恐れがあります。

 

まず、ママにこの様な症状が起こることは、お腹の赤ちゃんに良い影響を与えるはずがありませんね。

 

その他、欧米では、葉酸の過剰摂取は出生後の赤ちゃんの喘息罹患率を向上させるという報告もあります。

 

小さな身体の喘息症状は命にも関わり、咳が続くことによる酸欠状態は発達に著しく影響し、まれに後天的なハンデに繋がる可能性もあります。

 

葉酸が豊富でもプレママが控えるべき成分を含む食材も

 

また、葉酸を豊富に含む食材であっても、妊娠中の多量摂取は望ましくないとされる他の栄養素を多く含んでいる場合もあります。

 

例えば、レバーに含まれるビタミンA、ビタミンDは脂溶性ビタミンと言って、体内の脂に溶けて蓄積していきますが、過剰摂取が水頭症や口蓋裂等の奇形の原因となるとされています。

 

また、パセリやセロリには、アピオールという流産を誘発する成分が含まれていますので、葉酸を多く含む食材といえども妊娠中の摂取は控えるべきです。

 

葉酸の適量摂取と摂取源の分散を心掛けよう

 

妊娠中の葉酸の摂取は一般的に勧められていることであり、食材やサプリメントに関しても、今や膨大な量の情報が流通しています。

 

かと言って、闇雲に飛びついて多量に摂取し続けることは考えものですし、食材の中には葉酸以外に妊娠中にマイナス作用を及ぼす成分を含むものもある、という思わぬ落とし穴があることも心に留めておきましょう。

 

また、妊娠中に限らず、栄養源をごく一部の食材やサプリメントに依存してしまうことは、栄養の偏りを招き、却って身体の不調を促します

 

葉酸の豊富な食材の摂取を心掛ける際にも、動物性、植物性、その中でも複数の摂取源を確保して偏食をなくしすようにしましょう。

 

また、葉酸の吸収率を上げるビタミンCや、体液循環の滞りがちな妊娠中の便秘解消の助けとなる食物繊維など、葉酸と一緒に摂取することで身体に二重に英気を養ってくれる成分もありますので、ぜひ相乗効果を狙った食事を心掛け、穏やかなマタニティライフにお役立てください。